長崎で「精霊流し」爆竹響く

船で浄土へ、亡き人思い

©一般社団法人共同通信社

爆竹の音が響く中、長崎市内を練り歩く精霊船=15日夜

 初盆を迎えた故人の霊を船に乗せ、西方浄土へ送り出す長崎県の伝統行事「精霊流し」が15日、県内各地であった。長崎市では悪霊をはらうという爆竹の音が鳴り響く中、そろいの法被や和装の喪服などを身につけた遺族らが精霊船とともに市内を歩き、亡き人に思いをはせていた。

 屋形船のような形をした精霊船は、遺影やちょうちんなどで飾られ、台車に載せられたり、かつがれたりして港に運ばれる。例年は全長10メートル以上あるものも複数登場するが、市は新型コロナウイルス対策として、小型化や密集を避けることなどを呼び掛けた。

長崎市内を練り歩く精霊船=15日午後