【高校野球】“魔物不在の夏”に球児が感じた本音 磐城-国士舘戦で見えた新しい応援の形

©株式会社Creative2

国士館・中西健登【写真:編集部】

6回の磐城のチャンスでは、一塁側スタンドから自然と手拍子が巻き起こった

新型コロナウイルスの影響で中止となった選抜出場予定32校による「2020年甲子園高校野球交流試合」の大会4日目が15日、甲子園球場で行われ、第2試合では磐城が3-4で国士舘に惜敗した。昨秋の台風19号による豪雨被害、21世紀枠での46年ぶりとなる選抜と中止の発表、木村保前監督の異動。様々な困難を乗り越えての大健闘は、一方で“甲子園の魔物”の不在も感じさせる一戦となった。

磐城は2回、8番沖政宗投手の中越え適時打などで2点を先制。3回に逆転を許すも6回には足を絡めた攻撃で一時同点に追いつくなど、2年連続出場の強豪国士舘を相手にほぼ互角の勝負を演じた。

象徴的だったのがその6回、中前打で出塁した3番市毛雄大内野手が二盗を決めた場面。それまで無観客で静まり返っていた甲子園スタンドの一角、木村前監督も見守る一塁側から自ずと手拍子が巻き起こり、続く6番草野凌内野手の同点適時打を後押しした。だが、国士舘のエース中西健登投手も流れを渡さず、次打者を三ゴロに打ち取り最少失点でピンチを切り抜けた。

中西は試合後、その場面について「拍手が起こって、雰囲気が違うなと思った。でも逆に楽しめました」と回想。その上で「もし、例年通り満員の甲子園だったら、プレッシャーになっていたかもしれません」とも付け加えた。

「いい意味でも悪い意味でも応援はプレッシャーになる」と語った球児の本音

アウトと思った打球がイレギュラーバウンド、無意識の中でしてしまったボーク、思わぬ転倒…予期せぬ展開が起こる時、人は“甲子園の魔物”という言葉を使う。近年ではスタンドの観衆がタオル回しや手拍子で応援に加わり、選手にプレッシャーがかかってしまうこともあった。

例年であれば漂い始めた大逆転の空気が追う展開の磐城に加担し、グラウンドの球児の心理に影響を及ぼしていたのは想像に難くない。それがここまで数々の逆境を乗り越えてきた21世紀枠校ならばなおさらだ。

だがその裏、国士舘の勝ち越しの場面で今度は三塁側から拍手が起こった。それは、よく言えばスタンドが試合内容に干渉しない、健全な応援のあり方だったように思う。

この日先発出場した磐城ナインの一人は「すごく楽しかったです。やっぱり甲子園なので、最初はみんな緊張している面もあった。吹奏楽応援がなかったぶん、あの手拍子で気持ちが乗った。ありがたかったです」と話した一方で「もし満員の甲子園だったら、裏の国士舘の攻撃のときも威圧感がすごかったと思う。いい意味でも悪い意味でも、応援はプレッシャーになると思う」とも語った。

例年であれば起こっていたかもしれない番狂わせと、実力を発揮できなかったかもしれないという球児の本音。“魔物のいない夏”、甲子園も新しい応援の形を示している。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)