「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」、8月7日開業 全1,111室、プールやフィットネス完備

©Traicy Japan Inc,

アパホテルは、同社として都内最大となるホテル「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」を、8月7日に開業した。

地上31階建て、全1,111室のタワーホテルで、大浴殿・露天風呂、最上階展望プール、フィットネス、カフェ、コンビニのほか、31階には隅田川を一望できる「鉄板焼 THE 七海」、4階には朝食バイキングを提供する「レストラン ラ・ベランダ」の2つのレストランを有する。2階の共用ロビーには横綱の錦絵を配置し、墨田区観光インフォメーションコーナーを設けている。

客室はシングル、ダブル、ツインといった標準客室のほか、スイートルーム、ラグジュアリーツイン、クイーンベッドルームなど全11種類を設ける。脱臭効果のあるパナソニック「ナノイーX」を搭載した新型エアコン、ミラーリング機能を備えた50型以上の大型液晶テレビも備える。

8月4日には、抽選で500室、最大1,000人を無料招待する試泊会を開催し、9,700件以上の応募があった。アパホテルでは今年、22軒のホテルを開業する計画で、東京や大阪、名古屋、福岡などの需要が旺盛なエリアを中心に拡大を続けていくとしている。

アクセスは、JR両国駅から徒歩約3分、都営地下鉄両国駅から徒歩約4分。両国国技館や江戸東京博物館などの観光名所も徒歩圏内。