『Official髭男dism』の1時間ライブに飽き飽き!? 今週の芸能ニュースTOP10

©株式会社日本ジャーナル出版

いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週最も話題となった芸能記事をご紹介します(8/13配信まで、独自ポイントで集計)。

1位 『CDTV』Official髭男dismの1時間ライブに飽き飽き「全部同じ曲に聞こえる」 174pt.

2位 ジャニーズ“大看板”哀しき末路…『少年隊』錦織一清いよいよ粛清か 160pt.

3位 神田沙也加“イメチェン”姿公開も「顔チェンした?」「誰か分からん」 121pt.

4位 松本伊代の“顔変ノンストップ”に心配の声続出!「大丈夫なのかな…」 99pt.

5位 ヒロミにタメ口を使った“芸人の妻”にドン引き! 今週の芸能ニュースTOP10 83pt.

6位 平手友梨奈と長濱ねる“新生『欅坂46』”でついについに合体か!? 82pt.

7位 『ネプリーグ』大久保佳代子が後輩芸人に説教「よく言った」「おっしゃる通り」 80pt.

8位 『CDTV』キンプリの“生歌”に酷評続出「中居くんより歌ヘタ」 72pt.

9位 『ネプリーグ』“禁断の共演”にファン暴走「一生許さない」「地獄だな」 66pt.

10位 『ヒルナンデス』“かわい過ぎるモデル”に衝撃「名前教えて!」 62pt.

『少年隊』錦織一清がいよいよ“粛清”か!?

今週話題になったのは、若者に大人気の4人組ピアノPOPバンド『Official髭男dism』に関する記事。8月10日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)スペシャルで、放送時間のうち1時間を使った〝ヒゲダンフェス〟というスペシャルライブが開催されました。

〝ヒゲダン〟は、「お茶の間に伝える ヒゲダンの熱」というライブテーマのもと、『115万キロのフィルム』『I LOVE…』『Pretender』といった代表曲や『HELLO』『パラボラ』『Laughter』などの新曲も歌い上げます。

人気の楽曲を披露し、ファンにとってみれば感涙ものだったヒゲダンフェス。しかし一部の視聴者からの評判は悪く、ネット上には、

《嫌いじゃないし曲も聞くねんけど、全部同じ曲に聞こえるんよなwww》
《一曲ずつ聞くと良いけど続けて聞くとどれも似てて…すごく飽きた》
《ヒゲダンもうええって。仕事中に有線で死ぬほど流れてるんだから飽きたよ》
《ヒゲダン? なんか、全部同じ曲に聞こえる》

などの反響が。どうやらヒゲダンの楽曲がどれも似すぎていて、視聴者を飽きさせてしまったようです…。

続いては、『少年隊』錦織一清に関する話題。昨年7月に、社長だったジャニー喜多川氏が逝去し、体制が一新されたジャニーズ事務所。タレント部門の統括は、若き幹部・滝沢秀明氏が副社長という重責に就いて担い、ジャニーズ愛にあふれる〝改革〟を推し進めています。

しかし、滝沢氏の改革についてジャニーズライターは、

「滝沢氏が副社長に就任して以降、元『関ジャニ∞』錦戸亮、元『SMAP』中居正広、元『NEWS』手越祐也が退所。先ごろ『TOKIO』長瀬智也も来年3月いっぱいでの退所を表明しました。まだ就任して1年もたっていないことを思えば、彼らはまさに〝改革〟の犠牲者なのかもしれません」と語っています。

表から見れば着々と〝リストラ〟が進んでいるように見えます。そして、週刊誌記者からは

「長年の功労者も〝候補〟として名が挙がっています。筆頭は『少年隊』錦織一清だといいますね。『少年隊』は錦織、東山紀之、植草克秀の3人構成。1980年、90年代に圧倒的な人気を博したグループです。近年、主だった活動もなく解散したように思われていますが、ちゃんと現存しています。滝沢氏は副社長になるに当たって、事務所に『50歳定年制』を打ち出しています。すでに〝犬猿〟の中居正広は追い出しに成功。次は、ほとんど仕事のない50超えの連中。錦織が筆頭に挙がるのも当然でしょう」

といった証言が。錦織と滝沢体制によるジャニーズ事務所の動向に注目が集まっているようです。

果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。