浜松で41.1度、国内最高タイ

各地で酷暑、「熱中症予防を」

©一般社団法人共同通信社

国内史上最高気温と並ぶ41.1度を観測した浜松市内を歩く人たち=17日午後

 東日本や西日本は17日も広く高気圧に覆われ、浜松市中区で国内史上最高気温と並ぶ41.1度を観測したほか、全国の26地点で最高気温の1位の記録を更新した。厳しい暑さは18日も続く見通しで、気象庁は小まめな水分補給といった熱中症対策を呼び掛けている。

 気象庁によると、18日の予想最高気温は山口市、大分県日田市、熊本県人吉市で39度、岐阜市や名古屋市、岡山市、福岡県久留米市、宮崎県都城市、鹿児島市で38度など。

 17日の最高気温は長野県飯田市、岐阜県美濃市、奈良県十津川村、高知県四万十市、宮崎県西米良村などで39度台に達した。東京都心部は36.5度だった。

強い日差しが照りつける京都市で、日傘を差して歩く人たち=17日午前