With/Afterコロナのイベントを神戸らしく!「078KOBE」今年も開催!

©株式会社ラジオ関西

昨年の「078KOBE」野外映画上映(写真提供:078KOBE実行委員会)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、各地で多くのコンサートや催し物が中止となるなか、神戸市で2017年から続くクロスメディアイベント「078KOBE」は新時代のイベントのあり方に挑戦する。

「078KOBE」は都市生活の面白みと心地よさを追い求める市民、アーティスト、クリエイター、エンジニアが交わる参加型のイベント。クロスメディアイベントと呼ばれるスタイルで、催しのジャンルを一つに絞らない。例えば「078KOBE」は音楽、映画、インタラクティブ(IT関連)、キッズ、ファッションなどの分野で構成されていて、「昼間は最新のテクノロジーを学び、夜は映画の野外上映を鑑賞」、「子供向けのプログラムに参加してから音楽を楽しむ」といったことが街のあちこちで体験できる。実行委員会ではこうした神戸の街の様相を「実験都市」と表現している。

神戸らしくジャズで彩るナイトコンサート。過去の「078KOBE」より(写真提供:078KOBE実行委員会)

2017年の初回は3会場2日間で延べ3万人が、第3回目となる昨年は5会場3日間で延べ7万人が参加した。まさにサナギが蝶となって羽ばたくことを期待させる4回目となるはずだったゴールデンウィークの開催は、コロナ禍により見送られた。

しかしながら、光明はあった。全国の催事の中でもいち早く「オンライン開催」へ舵を切ったのだ。リアルに実施するイベントのような温度感はないかもしれない。それでも「実験都市」を掲げる「078KOBE」として、今できることを模索した結果、カンファレンスには海外からのスピーカーも距離を越えて登壇し、WEB上に現れたバーチャルライブハウスには、自宅にいながらにしてユーザーが自身のアバターを操作して参加した。この経験をプレイベントと位置づけ、コロナ終息後の開催に向けて「新たなフィールドを得た」という自信を持った。

そして、次のチャレンジは今できるリアルイベントの構築だ。

地元神戸のロックンロールバンド「ワタナベフラワー」にとっても久しぶりの野外イベント出演となる(写真提供:VARIT.)

コロナ禍の出口が見えず、「078KOBE 2020」は9月5日(土)、6日(日)の2日間、原則としてオンラインで開催するが、音楽と映画のチームはメリケンパーク(神戸市中央区)で、リアルイベントを実施する。タイトルは『「Stay and Safe」 078KOBE FILM×MUSIC×ONLINE』だ。これまでのメインコンテンツの一つだった映画の野外上映と音楽ライブは「実験都市」にふさわしいユニークな内容となっている。

会場で音楽や映画を楽しむには3つの方法がある。1つ目は「ウォークイン」。一般的なイベント同様、歩いて会場内に入り、十分なディスタンスを取った席で観覧する。次に「ドライブイン」ではマイカーで会場に入り、車の中から観覧。3つ目は実行委員会が「パークイン」と呼ぶスタイル。主催者側が会場内にエコカーを停め置き、徒歩で来た参加者も車中からイベントを楽しむことができる。会場全体の密を避けるため、事前申し込みの上、抽選で当選した方のみの入場となる。

感染症対策も念入りだ。検温や消毒はもちろんのこと、追跡アプリの加入促進、行列を避けるためにメリケンパーク内の売店とタイアップしたモバイルオーダーシステムの構築。同時に熱中症対策としてミスト冷風扇の設置や休憩場所の確保などにも取り組む。

神戸のガールズバンド「THE TOMBOYS」にとって、「078KOBE」はホームグラウンドだ(写真提供:VARIT.)

映画は「バンブルビー」と「ワイルドスピード ICE BREAK」を上映、音楽ライブは地元神戸のワタナベフラワーやTHE TOMBOYSらが出演。また、抽選に外れた場合もオンラインで楽しめるよう、ジャッジメントKOBEによる動画配信サイトYouTubeでの無料配信もある。詳しいスケジュールや申込方法は「078KOBE」の公式サイトをご覧いただきたい。

例年に比べると現地で参加できる人数は相当少なくなる。これまでのように「たくさんの来場者で盛り上がった」というのが成果ではなく、With/Afterコロナ時代のイベントとして、主催者が提供できる安全安心とは何かを問いかける内容にこだわる。新時代の街のにぎわい創出に取り組む「078KOBE」と神戸市の動きに今年も目が離せない。