絵やデザイン入りの顔シールド

「雰囲気和らぐ」京都の会社販売

©一般社団法人共同通信社

京都樹脂の絵柄入りフェースシールド

 アクリル樹脂加工などを手掛ける京都樹脂(京都市)は、オリジナルの絵や文字をプリントできるフェースシールドの販売を始めた。企業や店舗名、イベント名などを印刷したものをスタッフらが使用することを想定。「フェースシールドは見た目が物々しいが、ちょっとした柄をあしらうことで雰囲気を和らげることができる」と商機の拡大に期待を寄せている。

 フェースシールドは同業の男山化学(京都府八幡市)と製造。試しに花やチョウ、舞妓、五重塔などのデザインを透明部分に印刷したところ、雰囲気が和んだため本格的に採用することを決めた。眼鏡をかけたまま使用可能で、サイズも調整できる。