踏切内にいた女子高校生を救助 岡山・相原さんに県善行賞

©株式会社山陽新聞社

西村署長(左)から表彰状を受け取る相原さん

 遮断機が下りた踏切内にいた女子高校生を救助したとして、岡山市中区の会社員相原正典さん(37)に岡山県善行賞が贈られ、岡山中央署で17日、伝達式が行われた。

 同署などによると、7月18日午後6時半ごろ、相原さんは散歩中に自宅近くの踏切で、女子高校生が遮断機を越えて中に入る様子を目撃。線路上でしゃがみ込んでいたところを、両脇を抱えて安全な場所まで急いで連れ出した。女子高校生は過呼吸の症状がみられたが、けがはなかったという。

 伝達式には家族とともに訪れ、西村隆男署長から表彰状と記念品が手渡された。相原さんは「助けなければと思い、自然と体が動いた。無事で良かった」と話した。