《県高校体育大会》体操 男子団体は高崎工優勝 女子は健大高崎

©株式会社上毛新聞社

男子団体総合と個人総合で2冠を果たした田辺(高崎工)の床運動=高崎アリーナ
女子団体総合と個人総合で2冠を達成した井草(健大高崎)の平均台

 新型コロナウイルスの影響で中止となった群馬県高校総合体育大会や全国高校総体(インターハイ)群馬県予選の代替大会「群馬県高校体育大会」の体操は18日、高崎アリーナで男女の団体総合と個人総合、種目別を行い、団体総合の男子は高崎工、女子は健大高崎が制した。個人総合の男子は3種目でトップに立った田辺友唯(高崎工)、女子は2年生の井草ひまわり(健大高崎)が優勝した。

 【男子】◇団体総合
(1)高崎工 229.550点
(2)吉井209.300点

 ◇個人総合
(1)田辺友唯(高崎工)78.500点
(2)二宮龍斗(同)75.750点
(3)唐沢一志(同)72.900点
(4)岡倫太郎(吉井)72.100点
(5)山田雄大(高崎工)71.450点
(6)設楽元希(吉井)68.850点

 【女子】◇団体総合
(1)健大高崎 149.450点
(2)高崎東 143.200点
(3)市前橋 88.000点

 ◇個人総合
(1)井草ひまわり(健大高崎)49.800点
(2)佐藤朱(樹徳)49.500点
(3)相沢麗奈(高崎東)49.400点
(4)萩原夏未(健大高崎)49.100点
(5)入倉悠来(高崎東)48.500点
(6)井田若那(健大高崎)47.650点