故人の霊慰める「鹿子(しし)踊り」/墓地で保存会が舞を披露/三沢市岡三沢地区

©株式会社東奥日報社

墓地で墓参の人々に見守られながら踊る岡三沢鹿子踊り保存会の会員

 青森県三沢市の岡三沢鹿子(しし)踊り保存会(山崎一男会長)の12人が15日、同市岡三沢3丁目の墓地と、初盆を迎えた岡三沢地区の民家4軒で踊りを披露した。太鼓と笛の囃子(はやし)が響く中、住民は舞を見守り、故人の霊を慰めた。

 三沢市史によると、天保の飢饉(ききん)で多くの人が亡くなった際、悪霊がはびこるのを恐れた住民が、鹿子踊りを踊って無縁仏の霊と先祖の霊を慰めた-と伝えられているという。

 岡三沢鹿子踊りは1993年、市無形民俗文化財に指定された。保存会は毎年お盆の15日、墓地や民家で舞を披露している。

 墓地では踊りの始まる午後3時に合わせて墓参に訪れ、保存会の到着を待つ人の姿も。30人以上が舞を見つめ、花(ご祝儀)をあげる人もいた。同市の会社員柳田美雪さん(40)は「物心ついた時から見ており、お盆だと実感します。今年は祭りがないので、鹿子踊りで夏を感じる人もいるでしょうね」と語った。

 昨年10月に義母トキさんを亡くし、保存会の訪問を受けた山本幸子(さちこ)さん(57)は「猛暑の中、踊っていただき、ありがたいと思います」と話していた。