八村塁は「大きなインパクト」

米バスケ、ブルックス監督が総括

©一般社団法人共同通信社

 【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズのスコット・ブルックス監督が18日、オンライン会見で八村塁のルーキーシーズンを振り返り「チームに大きなインパクトをもたらしてくれた。彼は自分の力で先発のポジションを勝ち取った。(新戦力として)非常に大きな加入だった」とたたえた。

 八村は今季48試合に出場し、1試合平均13.5得点、6.1リバウンドと新人として上々の数字を残した。チームは来季、3季ぶりのプレーオフ進出を目指す。監督は「得点の部分でもまだまだ改善できる余地を残している」と八村の2年目の飛躍に期待を込めた。