「動画削除され苦痛」と提訴

ユーチューバー同士争う訴訟開始

©一般社団法人共同通信社

 動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した動画が著作権を侵害しているとの指摘を受け削除され、精神的苦痛を受けたとして、富山県の女性ユーチューバー(42)が、京都市の40代女性ユーチューバーら2人に慰謝料など計110万円の損害賠償を求めて京都地裁に提訴したことが19日、分かった。

 同日、地裁で第1回口頭弁論が開かれ、被告側は請求棄却を求めた。原告側代理人によると、著作権侵害を巡るユーチューバー同士の訴訟は全国的に珍しいという。

 原告側は「ユーチューブは著作権侵害通知があれば機械的に削除している」と指摘。被告側は「原告は異議申し立てができた」と反論している。