国民民主、立民との合流決定

新党は140人超、玉木氏不参加

©一般社団法人共同通信社

国民民主党の両院議員総会で、解党して立憲民主党との合流新党を結成する方針について賛成の挙手をする玉木代表(奥左端)ら。方針は了承された=19日夜、東京都内

 国民民主党は19日、両院議員総会を東京都内で開き、立憲民主党との合流新党を結成する方針を賛成多数で了承した。新党には衆参の所属議員62人の多くが参加し、立民や野党会派の無所属議員も合わせて140人超の規模となる見込み。9月中の結成を目指す。国民の玉木雄一郎代表は不参加の意向を改めて表明。資金配分などを円満に進めるため、政党助成法に基づき、党を解散した後に「分党」する手続きを軸に調整する。今後の対応は執行部に一任された。

 100人を超える野党第1党が誕生すれば、2017年10月の衆院選前の「希望の党」合流騒動で旧民進党が分裂して以来となる。