"かっこいい入れ墨入れたかった"17歳少年の要望に応じ"人の顔"のタトゥーを彫った47歳の男を逮捕

©北海道文化放送株式会社

未成年と知りながら、少年に 入れ墨を彫った疑いで北海道旭川市の無職の男が逮捕されました。

北海道青少年健全育成条例違反(入れ墨の禁止)の疑いで逮捕されたのは、旭川市の無職の男(47)です。

男は1月5日、自宅アパートで未成年と知りながら旭川市の土木作業員の少年(17)の左上腕部にタトゥーマシーンを使って人の顔の入れ墨を彫った疑いが持たれています。

6月に、警察官が少年の腕に入れ墨があるのを見つけ、話を聞いたところ、事件が発覚しました。

警察によりますと少年は、SNSで入れ墨を彫ってくれる人を探していたところ男と知り合ったということです。

少年は「かっこいい入れ墨をいれたかった」と話しているということです。

男は、入れ墨の代金として少年から数万円の代金を受け取っていました。

調べに対し男は、「17歳と知っていながら入れ墨をした」と容疑を認めているということです。

警察が男の余罪などについても調べています。