「宇宙から紙ヒコーキを飛ばす」プロジェクトが再始動!カメラ関連技術者を募る

©株式会社sorae

株式会社キャステムとインターステラテクノロジズ株式会社は、2019年7月に観測ロケット「MOMO4号機」にて「宇宙から紙ヒコーキを飛ばす」プロジェクトを実施しました。しかし、残念ながらMOMO4号機は宇宙空間に到達せず、ミッションは失敗に終わりました。

それから1年、再び「宇宙から紙ヒコーキを飛ばす」プロジェクトを再始動することが決定し、キャステムはそれに伴う開発支援者の募集を開始しました。

新たなプロジェクトは、3つのステップで行われます。

ステップ1では、2021〜2022年に打ち上げられる予定の「MOMO」に、前回よりも大きい扇形紙ヒコーキを搭載。高度100kmから放出し、ロケット搭載のカメラ2台にて撮影を実施します。

ステップ2は、2023年以降の打ち上げを予定している「MOMO」に、全長約30cmのシャトル型の紙ヒコーキを搭載し、高度100kmから地表へ。紙ヒコーキにカメラを載せ、宇宙空間から地球を撮影。そして地上での紙ヒコーキ回収も予定しています。

最後のステップ3は、インターステラテクノロジズが開発中で2023年以降打ち上げ予定の軌道投入ロケット「ZERO」に全長70cmのシャトル型紙ヒコーキを搭載し、ステップ2と同様のミッションを行います。

3つのステップの中で、キャステムが募る開発支援者は、ステップ2の紙ヒコーキに関して、新たに搭載する「超小型カメラ」「通信機器」「軽量バッテリー」「遠隔操縦」の4つの開発部分。参画企業・教育機関・個人の方を募集しているとのこと。詳細はキャステムのホームページ(https://www.castem.co.jp/ist.html)を参照してください。

Source: 株式会社キャステム