新幹線「開業効果は絶大」 鹿児島経済同友会 津曲氏が講演

©株式会社長崎新聞社

「新幹線の開業効果は絶大」と講演する津曲氏=長崎市大黒町、ホテルニュー長崎

 九州新幹線長崎ルートの開業効果を最大限高めるよう官民一体で推進する1回目の会合が19日、長崎市内であり、鹿児島経済同友会代表幹事の津曲貞利氏が鹿児島ルート開業時の取り組みについて講演した。
 鹿児島ルートは2004年3月に鹿児島中央-新八代が部分開業し、11年3月に博多まで全線開業した。
 津曲氏は福岡に人口が吸い上げられるストロー現象や県外大手サービス業進出などへの不安から、地元財界では開業への熱意が沈静化していたと説明。開業1年半前に「全県の活性化につなげる」などをテーマに官民で「開業記念イベント実行委」を立ち上げ、民主導の企画立案、若手人材の活用などに着手。「新幹線は水道管、ターミナル駅は蛇口であり、その効果は絶大。(地元での)滞留時間をどれだけ長くして飽きさせないかが重要」と述べた。
 長崎ルートは22年度に長崎-武雄温泉が暫定開業し、未着工区間の武雄温泉-新鳥栖は国土交通省と佐賀県が整備方式を協議中。この日開かれたのは、官民27団体と有識者3人でつくる「県新幹線開業効果拡大推進本部」の会議。本部長の平田研副知事は「開業はまちづくりの大きなきっかけだが、いかに効果を発揮させるかは私たちの努力や知恵がかぎを握る」と述べた。