個人用火災保険で「置き配」の盗難などを補償対象に 損保ジャパン

©株式会社マイナビ

損害保険ジャパンは8月19日、「個人用火災総合保険」を改定し、「置き配」に関する損害を新たに補償対象に追加すると発表した。保険開始期日は2021年1月1日より。

今回の個人用火災総合保険の改定は、新型コロナウイルスの影響でネット通販の利用が拡大したことを踏まえたもの。「置き配」利用時の荷物の盗難や破損を補償する項目を追加する。

改定内容は、個人用火災総合保険での補償対象の家財に宅配物などを含める。補償対象となるのは、荷物の受取人に配達された荷物で、自宅の玄関前に設置した宅配ボックスや置き配バッグに配達された荷物。または、自宅の玄関前やメーターボックス内に配達された荷物となる。

なお、今回の改定で補償対象が拡大しているが保険料に変更はない。