教育実習でも天理大受け入れ拒否

ラグビー部でクラスター発生

©一般社団法人共同通信社

記者会見する天理大の永尾教昭学長(左)と奈良県天理市の並河健市長=20日午後、奈良県天理市

 ラグビー部で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した天理大(奈良県天理市)の永尾教昭学長と天理市の並河健市長が20日、記者会見し、ラグビー部でない学生3人が教育実習の受け入れを断られたり、実習前に検査を受けるよう求められたりしたと明らかにした。

 天理大によると、他にもラグビー部員ではない学生2人から「アルバイト先にしばらく休んでほしいと言われた」との相談が寄せられた。永尾学長は会見で「こういった動きが広がることを懸念している」と危機感をあらわにした。