横浜銀、「アップルペイ」対応

端末内に口座連動のカード

©一般社団法人共同通信社

端末内のカードを使った、横浜銀行の決済サービスについて説明する関係者=20日午後、東京都内

 横浜銀行(横浜市)は20日、同行のスマートフォン決済サービスを米アップルの決済サービス「アップルペイ」に対応させたと発表した。「iPhone(アイフォーン)」などアップルの端末内に、同行の預金口座とひも付いた仮想のプリペイドカードを発行し、利用者が店頭の読み取り機にカードをかざすと支払いができる仕組み。

 NTTドコモの電子マネー「iD(アイディ)」に対応した店舗で使うことができ、該当するのは国内で100万カ所を超える。利用対象は13歳以上で、使い過ぎないよう事前にチャージした金額の範囲で支払う仕組みとした。金額や日にちを指定した自動チャージの機能もある。