ロシアの野党指導者ナワリヌイ氏がこん睡状態に 「毒を盛られた」可能性も

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

ロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が、体調不良を訴えて入院し、こん睡状態に陥った。毒物を盛られた疑いがあると、同氏の広報担当者が20日、明らかにした。

ナワリヌイ氏はロシア国内を飛行機で移動中に体調を崩し、この飛行機は中南部オムスクに緊急着陸した。広報担当者は、搭乗中に飲んだお茶に何かが混ぜられていた可能性があると話した。

同氏が入院した病院は、ナワリヌイ氏の容体は安定しているものの、症状は重篤だと説明している。

ナワリヌイ氏は、ウラジミール・プーチン大統領を厳しく批判してきた。今年6月行われた憲法改正についても、「クーデターだ」、「憲法違反だ」と非難していた。

この憲法改正でプーチン大統領はさらに2期、大統領職を務められるようになった。

病院には警官がつめかけている

ナワリヌイ氏が2011年に発足した反汚職連盟の

で20日、「ナワリヌイ氏は今朝、トムスクからモスクワに帰る予定だった」と明らかにした。

「フライト中に体調を崩し、飛行機はオムスクで緊急着陸した。アレクセイは毒を盛られた。現在、我々は病院に向かっている」

「アレクセイのお茶に何かが混ぜられたと、私たちは疑っている。彼が朝から飲んだのはそれだけなので」

「医師によると、毒物は熱い液体に混ぜると早く吸収される。いま現在、アレクセイは意識不明だ」

ヤルミシュ氏はその後、ナワリヌイ氏が人工呼吸器をつけ、昏睡(こんすい)状態にあるとツイートした。

また、医師らはどんな情報でも提供すると言っている一方で毒物検査が遅れているとも話しており、「明らかに時間稼ぎをしていて、知っている情報を言わない」と病院を非難した。

さらに、病院には警官がつめかけているともツイートしている。

現地報道は何と?

タス通信は、オムスク緊急病院関係者が「アレクセイ・アナトリエウィチ・ナワリヌイ、1976年生まれ、毒物を盛られて緊急治療室にいる」と話しているのを聞いたと伝えている。

しかしその後、同病院の内科副科長は記者団に対し、ナワリヌイ氏が毒を盛られたかどうかは定かではなく、「自然な中毒症状」の可能性も考えられると話した。

また、ナワリヌイ氏の容体は安定しているが重体だと説明。命に関わる危険性については言及しなかった。

ソーシャルメディアに投稿された動画には、ナワリヌイ氏が空港の滑走路でストレッチャーに乗せられ、救急車へと運ばれる様子が映っている。

別の動画では、ナワリヌイ氏が機内で痛みを訴えている様子も見てとれた。

同じ飛行機に乗っていたパヴェル・ラベデフ氏は、「飛行機が離陸してすぐ、彼はトイレに行ったまま戻ってこなかった。それから具合がどんどん悪くなっていった。周りの人は意識を回復させようと苦労していたし、本人は痛みに叫んでいた」

ソーシャルメディアには、ナワリヌイ氏がトムスク空港のカフェでカップから何かを飲んでいる写真も投稿された。

インターファクス通信は、このカフェのオーナーが監視カメラをチェックし、証拠を見つけようとしていると報じている。

アレクセイ・ナワリヌイ氏とは?

汚職撲滅運動家のナワリヌイ氏は、議員ではないものの、2011年の議会選挙以降、プーチン大統領と幹部への抗議活動を続けている。プーチン大統領率いる与党・統一ロシアを「いかさま師と泥棒の党」と呼び、これまでに何度も逮捕され、禁錮刑となっている。

2011年には、統一ロシアが議会選挙で不正投票を行ったことに抗議し、逮捕。15日間刑務所に入れられた。

2013年にも横領の容疑で禁錮刑となったが、政治的に断罪されたと非難している。

2018年に行われた大統領選では、公金横領事件で有罪判決を受けたことを理由に出馬申請を却下された。同氏はこれは、政治的な意図による判断だと否定している。

2019年7月には、認可のない抗議活動をしたとして30日間の禁錮刑となったが、その最中に体調を崩して病院へ搬送された。

医師は「接触性皮膚炎」と診断したものの、ナワリヌイ氏は自分はアレルギーになったことはないと反発。かかりつけの医師には「何らかの毒物」にさらされた可能性があると診断されたと述べ、毒を盛られた可能性があると話していた。

2017年にも消毒薬を顔にかけられ、右目に化学火傷を負っている。

ロシア政府は昨年、「外国機関」への監視を強化する法律を制定していたが、この中にナワリヌイ氏の反汚職同盟も含まれた。

(英語記事 Russian opposition leader Navalny 'poisoned'