1日2回は犬の散歩を、来年にも法制化の可能性 ドイツ

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

自分の飼い犬を1日2回、少なくとも計1時間の散歩に連れて行くことが、近々ドイツで法律で義務化されるかもしれない。

犬を長時間つないでおくことも、禁止される可能性がある。

ブリーダーが1度に3匹以上の子犬を世話するのを禁止し、「子犬工場」を取り締まることも目的とする新規則も、検討されている。

「ペットは、ただむくむくもふもふでかわいいだけのおもちゃではない。それぞれの固体に必要に、応えなくてはならない」と、ドイツのユリア・クレックナー食糧・農業相は述べた。

1日2回の散歩、長時間つないだままはダメ

飼い主に対して検討が進められているルールは、次の通り――。

  • 1日2回、合計で最低1時間は散歩に連れて行かなくてはならない
  • 犬を長時間つないだままにしてはいけない
  • 犬を丸1日ほったらかしにしてはいけない

ブリーダーが世話できる子犬の数は最大3匹に制限される。また、子犬が社会生活に適応できるよう、1日最低4時間は人間と過ごさなくてはならない。

クレックナー氏は、こうした変更点について、動物の保護と福祉のために専門家のアドバイスに基づいて考案したものだと説明した。

新規則の草案はすでに作成されており、来年早々にも法制化される可能性がある。可決された場合、その施行はドイツの各州に委ねられる。

食糧・農業省の報道官によると、警察が一般の飼い主の自宅を訪問して、きちんと散歩に連れ出しているか確認する可能性は、非常に低い。それよりむしろ、犬小屋やブリーダーなどのもとで飼育される犬の適正な扱いが、重点となる。

禁止事項には、動物愛護のルールに違反して耳や尻尾を切られた犬を見世物にすることも含まれる。ショーでの振舞いが犬にとって適切なものではないと判断されれば、ドッグショーへの参加が禁じられる可能性もある。

クレックナー氏が進めるこの計画には、牛の輸送時間を4時間半に制限する新ルールも含まれる。

(英語記事 Walkies could become the law for German dog owners