メールごと削除を 県を装う不審メールに注意喚起 神奈川

©株式会社神奈川新聞社

パソコンとキーボード

 神奈川県は19日、県を装った不審なメールが確認されたと発表した。ウイルスに感染する恐れがあるため、添付ファイルを開封したり、本文中のURLをクリックしたりせず、メールごと削除するよう注意を呼び掛けている。

 県によると、6月11日に県農政課ブランド推進グループが新型コロナウイルス対策で事業者に協力を求めている「感染防止対策取組書」の内容を案内するメールを30事業者に送信。8月18日に、送信したメールと件名、本文が同一の不審なメールがグループ宛てに届いた。アドレスは県のものとは異なり、実際に送信したメールにはない添付ファイルがあったという。

 現時点で被害の報告は寄せられていない。