長嶋茂雄少年野球教室、ことしも断念 来年5月に再延期 ミスター「ぜひやりたい」

©株式会社千葉日報社

「長嶋茂雄少年野球教室」で、小学生の投球を見守る長嶋茂雄さん(右)=2017年11月4日、佐倉市

 千葉県佐倉市は20日、新型コロナウイルスの影響で、11月に予定していた「第6回長嶋茂雄少年野球教室」を延期し、来年5月をめどに開催すると発表した。

 プロ野球巨人の選手、監督として活躍した長嶋茂雄氏(84)は同市出身。20日の定例会見で西田三十五市長は「関係者からは長嶋さんが『5月にぜひやりたい』と強い意志があると聞いている。(東京五輪を前に)スポーツの祭典に向かって、元気な姿で子どもたちと楽しんでいただきたい」とコメントした。

 野球教室は2014年から毎年秋に同市の「長嶋茂雄記念岩名球場」で開かれ、地元の小学生や招待された東日本大震災で被災した東北の子どもたちが、長嶋氏や巨人の往年の名選手から指導を受けている。

 長嶋氏は体調面の理由などから18年は欠席。昨年は台風や豪雨で市内に大きな被害が出たことから開催が見送られた。その際、長嶋氏は「生まれ育った佐倉市の痛ましい状況を聞くにつれ、心が痛みます。一日も早く、平常の生活を取り戻されることを願っています」と、見舞いのメッセージを寄せた。