手術ミス認め5千万円賠償、岐阜

市民病院が40代男性に

©一般社団法人共同通信社

 岐阜市民病院は21日、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの合併により脚と腰に痛みがあった40代の男性患者の手術で、誤って神経を傷つけて障害を残したとして、賠償金約5300万円を支払うと発表した。

 病院によると昨年8月、男性の背骨や椎間板を削る手術をした際、誤って神経を包む硬膜を削ってしまい、神経を傷つけた。男性は痛みがあったのとは反対の脚に軽い運動障害が残り、リハビリのため2週間長く入院することになった。現在も動かしづらさが残っているという。

 手術は男性医師2人が担当した。病院の谷川原徹哉医療安全局長は記者会見し「多大な心痛をおかけしておわびする」と話した。