「24時間テレビ43」野口みずきが40㎞を完走!! 2度目の挑戦の吉田沙保里へつなぐ!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

毎年恒例のチャリティーマラソン企画は、今年は形式を変えて「募金ラン」として実施。スポーツキャスターの高橋尚子が考案した本企画では、高橋と彼女の呼び掛けで集結した“チームQ”のランナーが1周5kmのコースを走るごとに10万円寄付するという方式に。自身が走った距離に応じて、募金額が増えていく仕組みとなった。また、コロナ禍での安全面を考え、私有地で行われている。

“チームQ”3人目の走者・陣内貴美子からバトンを受け取った4人目のランナー・松本薫は大雨が降りしきる中、無事に10キロを完走。それを受け、“チームQ”のラストランナーとして登場したのは野口みずき。野口はスタート前、「(高橋は)姉のような感じ。悩んでいた時に親身になってアドバイスをしてくれた。選手時代も、それ以降も背中を見せてくれる大きな存在だった」と語った。午前9:56頃に松本からバトンを受け取った野口は、姉のように慕う高橋の距離をカバーするように、目標の35㎞を超えた40㎞を無事完走。午後3:30現在、吉田沙保里が2度目の挑戦をしている。

現時点での「募金ラン」の募金総額は330万円。高橋と“チームQ”メンバーによる「募金ラン」は、随時その様子を中継で伝えている。