「24時間テレビ43」佐々木希が女優人生に影響ある(?)顔芸を披露!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

午後5:30頃からの毎年恒例「チャリティー笑点」のスペシャルゲストとして、佐々木希が登場。テツandトモとコラボ演芸を披露した。

先に登場したテツandトモは「笑点」のメインテーマに合わせて顔芸を披露。その後、2人に加わった佐々木も同じく顔芸に挑戦した。佐々木の仕上がりに、テツandトモは「3人で営業に行けるね」と満足の様子。

続いて、佐々木はテツandトモの代表的なネタ「なんでだろう」にも挑んだ。「死んでいると思ったセミが生きていた」「水泳大会でかわいいのに息継ぎで変な顔になる女の子」「『宿題やったけど持ってくるのを忘れました』と言うやつ」などのネタに合わせて、佐々木はひょうきんながらも可愛く動いて見せた。終了後には、2人からの「変顔して大丈夫? 女優人生に影響はないの?」という心配の声に対し、「あるかもしれない…」と苦笑いで答えていた。