「24時間テレビ43」米倉涼子、大野智、新垣結衣ら参加の「ダーツの旅的全国1億人インタビュー」を振り返る

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

2005年「24時間テレビ28」から放送された「24時間テレビ」の名物企画「日本中を動く! ダーツの旅的全国1億人インタビュー」。15年にわたり、日本中を動き回った番組が、選りすぐりの出会いを公開。面白くて、チャーミングな最強“村人”たちと、メインパーソナリティーとのやりとりを続々と紹介している。

まずは、10年の「24時間テレビ33」のVTR。大阪・泉南郡の岬町を訪れたチャリティーパーソナリティーを務めた米倉涼子は、海上から船に乗った男性の漁師と話をすることに。タコの漁をしているという漁師は、10歳から船に乗り、72歳(当時)の今でも現役漁師として働いていると語る。男性の話を聞いた米倉は「62年間、船に乗って。すごいね!」と感激。同年のテーマ「ありがとう〜今、あの人に伝えたい〜」にちなみ、男性に「ありがとう」と伝えたい人はいるのかと聞くと、「海に感謝。海にご飯食べさせてもらっているからな」と明かし、その後、海に向かって「ありがとう!」と叫び、笑いを誘った。

続いて振り返るのは、12年の「24時間テレビ35」。当時メインパーソナリティーを務めた嵐・大野智が足を運んだのは、千葉・安房郡の鋸南町。大野は道中で3人組のかわいいおばあさんたちを発見。おばあさんたちに「何なさっているんですか?」と尋ねると、「井戸端会議(笑)」と即答。そんな中、大野は1人のおばあさんから「嵐の大野くんに似てる!」と言われ、「よく言われるんですよ!」と返す。大野が「僕、嵐の大野ですよ」と正体を明かすと、おばあさんたちは「そうだ、似てるよ(笑)」と反応。おばあさんたちに12年のテーマ「未来」にちなみ、「未来の夢はあります?」と聞くと、「孫が結婚したから、ひ孫を見て死にたい(笑)」という答えが。それを受けた大野があらためて「僕ね、大野智なんですよ」と明かすと、最初は「えー」「名前がそうなんだ」とぬるく返していたおばあさんたちだったが、大野の顔をじっと見ていた1人のおばあさんがいきなり「いや、これ大野くんだよ!」と興奮。そして、大野に気付いたおばあさんたちは「ほかのメンバーがいないじゃない」「そっくりじゃない!」と叫び、「大好きよ! 大野くん♡」と黄色い声を上げた。最初の反応とは全く違うおばあさんたちの反応に、大野は「やっと信じてもらえた」とポツリ。

同じく「24時間テレビ35」でチャリティーパーソナリティーを務めた新垣結衣が向かったのは、愛媛・伊予郡の双海町。新垣は「ドキドキする」と言いながら、港に船を停めている夫婦とトークを繰り広げることに。船には高級魚と言われるハモがたくさん積んであり、夫婦は口をそろえて今とってきたばかりと明かす。夫婦の話に「お疲れさまです」とねぎらう新垣は、夫婦としばらくハモについて話す。そして小さいハモしか見たことがないという新垣に、大きいハモを見せると「すご~い!」と興味津々。ハモの漁を始めてから20年ぐらいと明かす夫婦に、テーマの「未来」にちなみ、「2人にとって未来は?」と尋ねると、お母さんは「特にないんですよ。(夫と一緒にいれば)幸せですよ(笑)」と答える。しかしお父さんからは「奇麗なお姉ちゃんに会えること」という心の声が漏れ、爆笑が起きた。

最後に振り返るのは、15年の「24時間テレビ38」。メインパーソナリティーだったV6・井ノ原とHey! Say! JUMP・中島裕翔が、山梨・南都留郡の忍野村へ。道中、左官業を営む一家に出会った2人は、2歳(当時)となる赤ちゃんに笑みがこぼれる。一家の主である男性から「(赤ちゃんは)9番目の孫になる」と言われ、驚きが隠せない。男性の娘が、井ノ原らが着ている“チャリTシャツ”を指して「24時間テレビ?」と聞かれ、井ノ原と中島は大喜びするが、その後の中島のことをよく知らないような反応に、井ノ原は「中島裕翔くんと言います。よろしくお願いします」と一家にかわいい後輩を紹介するシーンも。そして、「今年(当時)のテーマは『つなぐ〜時を超えて笑顔を〜』ですけど、家族、めちゃくちゃつなげてるじゃないですか!」と感心する井ノ原と中島だった。