「24時間テレビ43」大喜利に積極的な佐々木希!? 春風亭昇太ら笑点メンバーが驚く!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

午後5:40過ぎ、毎年恒例となっている「チャリティー笑点」が放送された。扁桃(へんとう)が腫れてしまったという林家三平は大事を取って欠席したが、今回は佐々木希をスペシャルゲストに迎え、70歳以上の出演者がリモートで出演する史上初の“生リモート笑点”に。

冒頭では座布団運びとして待機していた佐々木。しかし、2問目からは林家たい平に促されて空いていた三平の席に着席し、「動」という字をつくりにしたオリジナル漢字を考える問題に挑戦した。佐々木は「動」を二つ並べて書き、「我が息子!」と回答。それを聞いた春風亭昇太からは「とりあえず可愛いから(座布団)1枚あげて」と甘い判定が。佐々木が同じ問題で2回目の回答をしようとすると、昇太たちは「三平くんより答えてるんじゃないの?」と驚き、「鬼」に「動」を合わせて出身地・秋田の名物である“なまはげ”という答えにメンバーから称賛の声が上がり、さらに座布団を獲得した。

最後に、佐々木は「(笑点に)出演できて大変光栄でした。ありがとうございました!」と笑顔で感想を述べると、昇太が「三平くんの代わりに、これからずっと来てもらおうか」と会場の笑いを誘って締めくくった。