「24時間テレビ43」笑点“ヤング”メンバーが岸優太と共に「シンデレラガール」を生披露!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

午後6:50過ぎには「笑点メンバーが“動く” King & Prince『シンデレラガール』を踊りたい!」を放送。体調不良のため出演を控えることになった林家三平以外の笑点“ヤング”メンバー(春風亭昇太、林家たい平、山田隆夫)が、岸と共に両国国技館のステージで「シンデレラガール」のダンスと生歌を披露した。岸は一同に「シンデレラガール」のダンスの振り付けもレクチャー。レッスン前、「僕は踊り結構キレキレですよ」(たい平)、「やるとなったらとことんやるからね!」(昇太)と気合十分だったが、メンバーたちは岸の振り付けを見て言葉を失う。軽くレッスンをした後に「ぶっちゃけできると思います?」と三平が聞いたところ、岸は「厳しいと思います…」と困惑顔だった。

レッスンは、本番の8日前から始まった。岸は「『シンデレラガール』という名の通り、王子様になりきってもらって皆さんから出るキラキラ感も見たい」と“ヤング”メンバーに伝えるが、「キラキラ感は衣装でお願いできますか」と弱気なたい平。楽曲のテーマは愛する女性をシンデレラに見立てて歌ったラブソングであり、振り付けの最大の見せ場はサビでの超ハイテンポで全員の動きを合わせるシンクロダンスとなる。サビの部分を岸がカウントを取り、ゆっくり練習してみるが、全員の動きがバラバラになってしまう。また、もう一つのポイントが“King & Prince”とグループ名を歌う部分の振り付けだ。「Kingという時は手がKで、Princeの時にはPになっているんですよ」と岸が説明。唯一期待できそうなのは、昔アイドルだった山田隆夫だったが、手でPの形を作ろうとするもお地蔵さんのようになってしまう。難しい振りに「1回家に帰りたい」などと1時間で根を上げる一同だったが、「笑点」が大好きな子どもたちからの応援メッセージを見て笑顔に。「もうちょっと頑張らないと」と仕事の合間に練習に励んだ。

本番ではキラキラした衣装で“ヤング”メンバーが登場し、たい平が「シンデレラガール」の冒頭を担当。のびのびと歌い上げ、練習の成果を発揮した。昇太や山田もぎこちなさはあったものの、それぞれ奮闘して歌いながら踊った。また、笑点の“アダルト”チーム(林家木久扇、三遊亭好楽、三遊亭小遊三、三遊亭円楽)がモニターから特別出演し、応援うちわを手にエールを送っていた。“ヤング”チームがなんとか歌い切った後、モニタには“本物”のKing & Princeの姿が! サプライズ登場で岸と合流し、両国国技館で「シンデレラガール」を生披露。本物を見た“ヤング”チームらは笑顔を見せながら再び踊り始め、King & Princeとダンスで共演した。

ステージが終わった後、好楽は「いやあ驚いた。自分がセンターで踊っているような気になった。汗びっしょり」とコメントし、円楽は「笑点メンバー、偉いもんだよ。短い練習で。俺も入りたかった」と褒めたたえた。