「24時間テレビ43」小松美羽のライブペインティング作品が2054万円で落札!

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

今年の“チャリTシャツ”のデザインを手掛けた現代アーティストの小松美羽。世界に注目され、作り上げた作品がイギリスの大英博物館に永久所蔵されるほど前途有望な彼女が、23日午前10:00からライブペインティングを実施。小松は手や筆、時には絵の具をキャンバスに直塗りするなど、さまざまな描き方を用いて、幅4m を超える大きな金色のキャンバスに、大胆かつダイナミックに狛犬や“平和”と“希望”のシンボルであるハト、またカメと鳥を描き上げた。

小松が描いた作品は、番組の趣旨に理解のある人なら誰もが参加できるチャリティーオークションに出品され、なんと2054万円という高額で落札された。なお、落札額による収益は、小松が番組に寄付する。