「24時間テレビ43」新しい日常での“1回目”が無事終了!<メインパーソナリティーのコメント全文>

©株式会社東京ニュース通信社

現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

両国国技館でフィナーレを迎えたメインパーソナリティーの5人は、それそれが「24時間テレビ」を振り返り、今の“思い”を伝えた。

初のメインパーソナリティーとして、歌舞伎やおうち体操などの企画に参加した岸は「僕にとって『動く』は、挑戦し続けるということです。今回、歌舞伎で市川海老蔵さんとご一緒させていただきました。本当に貴重な経験をさせていただきました。本当にありがとうございます。今後は自分自身、たくさん挑戦していきます。温かい目で見守ってください。よろしくお願いします。本当にありがとうございました」と率直な気持ちを述べ、深々と頭を下げた。

岸と同様、初のメインパーソナリティーを務め、志村けんさんの知られざる素顔に迫るスペシャルヒューマンストーリーで主演を務めた重岡は「僕は志村さんが残してくれた『あるがままの自分を信じて、続けていく』ということが、『動く』というテーマそのものだと思うんです。2日にわたり触れてきた方々は、本当に自分のことを信じて、動いて、突き進んでいっている方ばかりでした。僕もこれからも、頑張って動き続けていきたいなと思ってます。ありがとうございます」と、番組を共に作ってきたスタッフへの感謝と、今後の抱負を語った。

北山は「今回のテーマ『動く』は、すごく難しいテーマだなと、僕は感じていました。そして僕が、この24時間で感じたことは、自分のためではなく、誰かのために『動く』ことがよりエネルギーを発揮できるんじゃないかなと思いました。また“つながり”や“優しさ”が輪になっていって、それらが自分にもかえってくるんだと思いますし、“つながり”と“優しさ”によって、きっと明日もっと明るくなっていくんじゃないかなと思いました。動いた先には、必ず誰かがいます。僕もこれからもしっかり動き続けていきたいと思います。ありがとうございます」と、初めてメインパーソナリティーという大役を担い、やり遂げた感想を述べた。

「24時間テレビ」のメインパーソナリティーは今回が2回目の増田は、「今回『動く』ということをたくさん考えました。僕はたくさんの方に見ていただける環境で、お仕事させてもらっています。なので、もし誰かがつらくて逃げたいことがあった時、僕らのこのエンターテインメントで『ここに来たら楽しいことがあるよ』といえる活動を、これからもNEWSで、ジャニーズでしていきたいです。ありがとうございました」と、エンターテナーとしての思いを口にした。

今回、メインパーソナリティーのキャプテンを務めた井ノ原は「本当にたくさんの方たちから、思いを受け取りました。この先の時代、どういう時代になっていくか分からないですが、まずは動きださないと何も始まらないということを、皆さんから教えていただいたように思います。ほんのちょっとでいいから、みんなでこの日本中のみんなで、少しでもいいから動いていきましょう」と番組を振り返った後、「そんな僕たち5人の、5人なりの『動く』をこの1曲にのせてお伝えしたいと思います。聴いてください」と、メインパーソナリティー5人で岡本真夜のヒット曲で、番組おなじみの「TOMORROW」を、「募金ラン」企画で目標の100kmを完走し、さらに走り続けた高橋尚子らにエールを送るべく歌い上げた。

また、井ノ原が所属するV6が両国国技館に登場。“V6スペシャルメドレー”として、「愛なんだ」と「Believe Your Smile」を披露し、息の合ったパフォーマンスを見せた。続いてステージに現れたのは、爆風スランプ。彼らはメインパーソナリティーをはじめ、番組を盛り上げた乃木坂46らと「Runner」を熱唱した。ほかにも、番組おなじみのZARDの「負けないで」やKANの「愛は勝つ」で高橋と“チームQ”のメンバーらや視聴者に歌声を届けた。最後には、加山雄三と谷村新司が姿を見せ、2人が1992年の「24時間テレビ15」の放送中に作り上げた番組のテーマソング「サライ」を会場全体で合唱、感動のフィナーレを迎えた。