就活は情報戦「情報のキャッチは早めに!」 社員想いの企業で働く先輩社会人が体験談語る

©株式会社ラジオ関西

ラジオ関西『就活応援番組 ネイビーズアフロのレディGO! HYOGO』8月21日の放送では、先輩社会人ロールモデルや就活中の学生をゲストに迎える「就活レディGO!」のコーナーに、兵神機械工業株式会社(本社:加古郡)の中井さや香さんが登場。番組パーソナリティーのネイビーズアフロ(皆川、はじり)と津田明日香アナウンサー(ラジオ関西)を交えて、就活トークを展開した。

大型商船用のポンプをメインで製造し、10年前から野菜の水耕栽培装置の販売も行っている兵神機械工業株式会社。中井さんは、農耕部栽培係として勤務している。具体的には、水耕設備を購入したユーザーへ向けての、栽培研修やアフターフォローなどを担当。「水耕栽培は土づくりが不要なため、耕したり、種をまく際にしゃがんで腰を痛める……という心配がない」ということで、農家の人や、初めて農業を始める人など、幅広いユーザーに対応している。

兵神機械工業株式会社の中井さや香さん

そんな兵神機械工業の社長は、とても従業員想いだと話す中井さん。「ちゃんと実家に顔出してるか?」と声をかけてもらえただけでなく、中井さんの出身地、篠山市は「(社長にとって)縁があるから」と言ってもらえたことも明かした。はじりが「そう言われて、どう感じた?」と尋ねると、中井さんは「いち従業員の出身地まで頭の中にインプットされているのが、すごいと思った」と回答。社長が従業員をよく見ていることを、うれしそうに話していた。

中井さんの就活時代については「イチゴと就活でバッタバタ」というテーマでトークを進行。岡山県の大学で、園芸学を専攻していた中井さん。企業の採用解禁が3月だったのに対して、12月から5月までイチゴの研究をしていたため、就活との両立に苦労していたという。出身地の兵庫県での就活を希望していた中井さんは、朝にイチゴの収穫をしてから新幹線に乗り、岡山県と兵庫県を往復していたそう。「忙しさのあまり、エントリーシートがボロボロだった……。もっと事前に準備していれば、両立ももっと簡単だったかなと思う」と、後悔したエピソードを教えてくれた。

(写真:ラジオ関西)

最後に中井さんは、就活生に向けて「早めに情報のキャッチを。今は情報を集めに行こうと思えば、いくらでも集められるし、対策を立てる時間もあると思います」と自身の経験を踏まえてアドバイス。はじりも「(就活は)情報戦だから、しっかり準備することが大事」と、事前の対策が必要であることに共感していた。