「078KOBE 2020」THE TOMBOYSら出演アーティスト決定!

©株式会社ラジオ関西

THE TOMBOYSにとって「078KOBE」はホームグラウンド(写真提供:VARIT.)

各地で多くのコンサートや催し物が中止となるなか、神戸市のクロスメディアイベント「078KOBE 2020」では、新型コロナウイルスに対するユニークな感染拡大防止対策を講じながら、9月5日(土)、6日(日)の2日間開催される。音楽ライブの出演者や野外映画の上映作品が決まった。

神戸のワクワクロックンロールバンド・ワタナベフラワー(写真提供:VARIT.)

「078KOBE」は都市生活の面白みと心地よさを追い求める市民、アーティスト、クリエイター、エンジニアが交わる参加型のイベント。クロスメディアイベントと呼ばれるスタイルで、催しのジャンルを一つに絞らない。例えば「078KOBE」は音楽、映画、インタラクティブ(IT関連)、キッズ、ファッションなどの分野で構成されていて、「昼間は最新のテクノロジーを学び、夜は映画の野外上映を鑑賞」、「子ども向けのプログラムに参加してから音楽を楽しむ」といったことが街のあちこちで体験できる。実行委員会ではこうした神戸の街の様相を「実験都市」と表現している。

今年はオンライン開催が中心だが、このほど「078KOBE」実行委員会から発表された、メリケンパーク特設会場(神戸市中央区)での音楽ライブと映画のプログラムは以下のとおり。

「078KOBE」MUSIC部門の出演者(画像提供:VARIT.)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「Stay and Safe」 078KOBE FILM×MUSIC×ONLINE

≪MUSIC≫

9月5日(土)
出演アーティスト:
THE TOMBOYS、the cibo、サーカスフォーカス、Slimcat、ベルマインツ。

9月6日(日)
出演アーティスト:
ワタナベフラワー、Paparazzi Panic、Ba-chili(有山じゅんじ・三代目魚武濱田成夫・清水興・高木太郎)、PJJ、今村モータース。

≪FILM≫

9月5日(土)上映作品
「バンブルビー」

9月6日(日)上映作品
「ワイルドスピード ICE BREAK」

※両日とも音楽ライブは午後1時から、映画上映は午後7時45分から。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

会場で音楽や映画を楽しむには3つの方法がある。1つ目は「ウォークイン」。一般的なイベント同様、歩いて会場内に入り、十分なディスタンスを取った席で観覧する。次に「ドライブイン」ではマイカーで会場に入り、車の中から観覧。3つ目は実行委員会が「パークイン」と呼ぶスタイル。主催者側が会場内にエコカーを停め置き、徒歩で来た参加者も車中からイベントを楽しむことができる。会場全体の密を避けるため、入場希望者は事前に「078KOBE」のホームページから申し込みが必要。応募多数の場合は抽選となり、参加費は1名あたり500円。応募の第1次締切は8月26日(水)。当選者は当日の音楽ライブと映画をどちらも鑑賞することができる。

例年に比べると現地で参加できる人数は相当少なくなるが、With/Afterコロナ時代の安全安心なイベントのカタチをぜひ体験して欲しい。