モナコ、2020-21新ユニフォーム登場!裏に「公妃デザインの証明付き」

©株式会社コリー

フランス1部モナコとキットサプライヤーのKappaは7月、2020-21シーズンのユニフォームを発表した。

AS Monaco 2020-21 Kappa Home

新ホームキットはレッドとホワイトを斜めに分割する伝統的なスタイル。これはモナコ公妃グレース・ケリーがデザインを手掛けたことでも知られている。

襟の内側には、“斜め2分割”のデザインをグレース公妃が手掛け、1960年から現在まで使われ続けていることを示すロゴをプリントする。

パンツはレッド、ソックスはホワイト。今季はソックスにも斜めデザインを取り入れている。

AS Monaco 2020-21 Kappa Away

新アウェイキットはオールドファンが歓喜するようなデザイン。これはティエリ・アンリ、ダヴィド・トレゼゲ、リュドヴィク・ジュリといった選手が袖を通した、98-99シーズンのアウェイキットに着想を得たデザインだ。

パンツはネイビー、ソックスはイエローを基調としたデザインで、シャツの2色と共通性を持たせる。

AS Monaco 2020-21 Kappa Third

サードキットはホワイトを基調とし、ホームスタジアムや教会といったモナコの街のアイコンをデザインに落とし込む。

パンツとソックスもホワイトを基調とし、全身同色でまとめる。

【関連記事】欧州サッカー 2020-21シーズン新ユニフォームまとめ