3色の光、アスリート応援

パラ1年前でライトアップ

©一般社団法人共同通信社

東京パラリンピックの開幕まで1年となり、シンボルカラーにライトアップされた有明アリーナ=24日夜、東京都江東区

 来夏に延期された東京パラリンピックまで1年となった24日、大会に向けて準備を進めるアスリートを応援するため、車いすバスケットボール会場の有明アリーナ(江東区)や水泳会場の東京アクアティクスセンター(同区)、都庁第1本庁舎(新宿区)などがパラリンピックのシンボルカラー赤、青、緑の3色にライトアップされた。

 都庁では同日、人気漫画家の高橋陽一さんや浦沢直樹さんらが、パラスポーツの5人制サッカーや車いすテニスの躍動感あるプレー姿を描いたパネルの展示が始まった。新型コロナウイルス対策で自宅からでも楽しめるように都のホームページにもパネルのデザインを掲載している。

東京パラリンピックの開幕まで1年となり、シンボルカラーにライトアップされた東京アクアティクスセンター=24日夜、東京都江東区