防衛相、尖閣視察を一時検討

中国への刺激回避で見送り

©一般社団法人共同通信社

沖縄県・尖閣諸島。手前から南小島、北小島、魚釣島

 河野太郎防衛相が今月上旬、沖縄県・尖閣諸島の上空視察を一時、検討していたことが分かった。実現すれば防衛相として初めてだったが、中国への刺激を避けるため最終的に見送った。防衛省幹部が26日、明らかにした。

 上空からの視察には、中国の武装勢力が尖閣に上陸した場合の自衛隊対応を見据え、地形などを確認する狙いがあったという。河野氏は8、9両日、沖縄県の宮古島と与那国島のミサイル部隊を視察。それに合わせ、上空視察が省内で浮上した。

 尖閣周辺では、中国が4月から111日連続で公船を航行させるなど緊張状態が続いている。

河野太郎防衛相