置き配利用増、トラブルご注意

「盗まれた」「勝手に置かれた」

©一般社団法人共同通信社

ワイヤでドアノブに結び、施錠できる専用袋OKIPPA(Yper提供)

 玄関先、マンション入り口など指定場所に宅配荷物を置く「置き配」のトラブルを防ごうと、国土交通、経済産業両省は注意点や各社の取り組み事例をまとめた。新型コロナウイルスの感染が広がる中、外出の必要がない宅配は需要が拡大。各社は盗難を防ぐ工夫や保険商品の開発に乗り出しているが、共同住宅では住民間のルール作りも求められる。

 置き配は再配達を減らせるほか、対面を避けることで新型コロナの感染リスクを下げることもできる。ただ、国民生活センターによると「盗まれた」「指定していないのに置き配された」との相談が寄せられている。