きれいな髪は誰のため? 自分の機嫌をとるヘアケア

©株式会社マイナビ

こんにちは、ヘアライターの佐藤友美(さとゆみ)です。

突然ですが、皆さんは、何のためにヘアケアをしていますか。

昔、ある人が言っていました。

「ネイルを整えるのは自分のため。メイクや髪を整えるのは、人のため」。

なるほど、その通りかもしれない!

確かに、パソコンを打っている最中、ノートにメモをしている最中、私たちは自分の爪が常に視界に入っています。ネイルがきれいだと、自分の気分も上がる。この感じ、よく分かります。

一方で、メイクやヘアスタイルは、鏡でも見ない限り自分の目には映りません。仕事をしている最中、メイクやヘアスタイルが自分の視界に入ってくることは、ほとんどないというわけです。

そう考えると、あなたのヘアケアの成果を日々受け取っているのは、自分ではなく、あなたの周りの人たち、ともいえそうです。

■ヘアオイル+フレグランスの魔法

ただ、人のためだけではなく、自分自身が心地良くなるためのヘアケアもあるな、と思います。

私の場合、ヘアオイルに専用のフレグランスを数滴。これは、誰のためでもなく、自分のためにやっているおまじないみたいなもの。

その日会う仕事相手や、仕事の内容によって、違う香りを選ぶのが好きなんです。

お気に入りは、Flowersのパフュームブーケシリーズ。

ベースになる無香料のオイルに、気分に合った香りのパフュームブーケを垂らして使います。

香水をつけるほど強くなく、でも、髪が動く度に良い香りが漂う。テンションが上がるし、仕事も頑張れちゃう気がします。

最近のマイブームは、ボディウォーターと香りをそろえて使うこと。

例えば、最近いただいたサンタ・マリア・ノヴェッラのローズウォーターがとても良い香りなので、そのボディウォーターを使う時は、髪もそれに合わせて、ローズがトップノートのNo.5を選びます。

朝起きた時、今日は、どんな香りで過ごそうかな?と考えるのも楽しい時間です。

■特別なヘアアイロンで、さらっさらな髪へ

もう一つ。

私のお気に入りは、クレイツのロールブラシ型ヘアアイロン、キャッチ&カール。

これは、名前の通り、ロールブラシとアイロンが合体したような商品。中心部分はアイロンなので熱を持っているのですが、その周りのブラシ部分はほんのりあったまる程度なので、とても使いやすい!

ブラシ部分には手を添えられるので、アイロンでの火傷が心配な人や、不器用さんにもぴったりです。

これで表面の髪をさらっとなでるだけで、キューティクルがしっかり整い、手触りの良いさらっさらの髪になります。

見た目のツヤは、人のためかもしれない。でも、手触りの良さは自分のため。髪に触れる度、そのなめらかさに我ながらうっとりします(笑)。

仕事をする女性は、朝の準備だって戦場。

そんな時、このキャッチ&カールがあれば、癖毛も収まるし、するっとさらさらの髪がすぐ手に入る。お手軽なのに、満足度は満点です。

コンパクトに折り畳みできるから、私は出張の時も、このアイロンだけは必ず持っていきます。

■毎日の気分が上がるヘアケアを

大人になったら、自分のご機嫌は自分でとりたいですよね。

ヘアパフュームと、ロール型ブラシアイロン。ぜひ、生活に取り入れてみてください。

(文・撮影:佐藤友美)

INFORMATION

佐藤友美『女は、髪と、生きていく』(幻冬舎)

大ベストセラーとなった『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)に続く、ヘアスタイル選びの決定版。似合う髪型の手に入れ方や、美容院選びのコツ、ヘアスタイルのオーダー法まで。これまで知らなかった目から鱗の知識が満載。髪を変えれば、自己肯定感も上がる!仕事にも恋にも効く、ヘアスタイル選びを指南します。