覚醒剤ダメ、ゼッタイ! 実録ケーサツ不祥事映画『日本で一番悪い奴ら』綾野剛の恍惚ガンギマリ演技が怖すぎる

©ジュピターエンタテインメント株式会社

『日本で一番悪い奴ら』©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

その名を聞いたら“不祥事”という言葉を連想してしまうケーサツ様だが、国民への奉仕者たる公務員による悪事(調書偽造や悪辣な性犯罪などなど!)が報道されるたびに不安と絶望を感じずにはいられない毎日である。そんな公務員による犯罪は映画やドラマのテーマにしやすい題材と言えるが、日本映画界ではなかなか取り上げられにくいのも事実。しかし、実録スリラー『凶悪』(2013年)を大ヒットさせた白石和彌監督による『日本で一番悪い奴ら』は、日本警察史に残る超ド級の不祥事を映画化した数少ない意欲作のひとつだ。

『日本で一番悪い奴ら』 Blu-ray・DVD発売&レンタル中 発売元:カルチュア・パブリッシャーズ 販売元:ポニーキャニオン ©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

日本警察史上最大級の不祥事を描く実録……コメディ!?

『日本で一番悪い奴ら』が描くのは、北海道警察銃器対策課の警部による違法捜査の数々。主要人物の名をとって“稲葉事件”と呼ばれているこの不祥事は、当時の道警では銃器~覚醒剤の密輸から売買までやりたい放題だったことが超ハイテンションでテンポよく描かれている。……そう、本作は社会派サスペンスとかではなく完全にコメディとして撮られていて、主演の綾野剛が見せるブッチギレ演技を筆頭にネットリとした悪い大人たちの悪事が楽しめる(?)爆笑クライム映画なのだ。

『日本で一番悪い奴ら』©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

そんな本作の主人公は、柔道の実力を買われて北海道警入りした青年・諸星要一。最初のうちは“法の執行官”として愚直に働いていたが、ピエール瀧が演じる先輩刑事・村井の影響で自分だけの“S(スパイ)”を取り込んで入手した情報をもとに捜査を行い、課されたノルマ=点数を稼いでいくようになる。しかし、当時相次いでいた銃撃事件を阻止すべく設立された銃器対策室に配属されてから、署をあげて「手段を問わず拳銃を引っ張ってくる」という方向に邁進してしまい、その核を担っていた諸星は徐々にダーティーな道を歩んでいくのだった。

『日本で一番悪い奴ら』©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

綾野剛の恍惚シャブ中演技は必見! 個性豊かすぎる悪人たちが躍動!!

いちばん恐ろしいのは、この話が実話に基づいているということ(原作:稲葉圭昭著「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」講談社刊)だろう。諸星のモデルとなった稲葉氏の独白からは、当時の道警のムチャクチャぶりが伝わってくる。YOUNG DAIS演じる諸星の舎弟・太郎(ハルシオンをラムネ感覚で食う男)との関係性や過激なエロシーンなど盛った部分も少なからずあるが、映画で描かれている悪事はごく一部でしかないということには、ただただ驚くしかない。警察の不祥事は発覚するだけまだマシ……と思いたいところだが、本作の最後に明かされる事実は、そんな小さな期待すら打ち砕く衝撃度である。

「VS麻薬犯罪映画」4選! “巨大な悪”との闘い方……毒には毒! 非情には非情!!

『日本で一番悪い奴ら』©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

とはいえ本作はブラックなコメディ要素満載で、シャブに手を出してしまい恍惚の表情を浮かべる綾野剛だけでも見る価値あり。諸星のSとなる半グレの黒岩(中村獅童)や海外とのコネクションを切り拓くラシード(お笑いコンビ・デニスの植野行雄)など脇を固めるキャラクターも個性豊かで、彼らのヤンチャかつ和気藹々としたやり取りは微笑ましくすら思える。また素朴なカレーやラーメンの“美味そうさ”も凄まじく、昭和B級グルメ感あふれるフード映画としても楽しめてしまうのだった。

『日本で一番悪い奴ら』©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

実録ものならではの東映ヤクザ映画的な怖さと、いわゆるビー・バップ・ハイスクール系の不良スケベ感も盛り込まれていて、とにかくスカッと楽しめるエンタメ映画に仕上がっている本作。もちろん不祥事自体は笑いごとではないが、一介の警察官が悪の沼にズブズブとハマっていく姿を通して権力機関による不正行為への警鐘を鳴らす、白石監督の気概を感じる作品だ。

『日本で一番悪い奴ら』©2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

『日本で一番悪い奴ら』はNetflixほか配信中