東京の時短営業23区は延長

コロナ対策、要請9月15日まで

©一般社団法人共同通信社

都庁(中央)などの高層ビルが立ち並ぶ新宿副都心

 東京都の小池百合子知事は27日午後、臨時の記者会見を開き、都が新型コロナウイルス対策として酒類を提供する飲食店やカラオケ店に要請している午後10時までの時短営業に関し、23区内は今月31日の期限を9月15日に延長すると表明した。応じた事業者には、協力金として15万円を支払う。専門家による都内の感染状況の分析を基に対応を検討し、感染者が多い23区内では警戒の継続が必要と判断した。

 都内では27日に250人の感染者が報告され、累計が2万人を超えた一方で減少傾向も見せ始め、時短営業の要請に一定の効果があったと判断。23区以外は予定通り今月31日で解除する。