霜降り明星・せいや、復帰! 11日ぶりに再会した相方・粗品に「やっと言えた」ことを明かす

©株式会社ニッポン放送

8月21日(金)深夜、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品とせいやがパーソナリティを務めるラジオ番組「霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週金曜27時~)が放送。せいやが、体調不良で自宅待機に至った経緯を語った。

体調不良により、自宅待機をしていたせいや。この日の生放送が復帰後初の仕事で、粗品と会うのは11日ぶりだったことから、2人が会わなかった期間は、コンビを組んで以来、最長だと語る。そんな中、せいやは粗品から「どうして休むことになったのか?」と質問される。

せいや:ホンマに体調不良なんですよね。ご時世もご時世ですから、大事を取って、長めに休みを取ろうということになったというか。ずっと寝込んでいたわけじゃないんですよね。だから、全然元気なんですよ。

粗品:先週のラジオの段階で、まあまあ元気やったよね。

せいや:そうそう。でも、病み上がりやから。深夜ラジオから復帰は……。

粗品:そうやね。

せいや:元々、発熱したんですけどね。

粗品:はいはい。

せいや:発熱してしまって、短期間で復帰して、またこれ発熱したら、どんどん長引くから。治せる時にしっかり治そうみたいな感じで、大事を取って、先週も休ませていただいたんですけど。ホンマ、急やったよな?

粗品:急だった。

せいや:だから、オールナイトニッポン0の前の日とか?

粗品:ああ~。そうだったかも。木曜日。

せいや:ちょうど、前の日だったんですよね。その日も2本収録して。なんか、体調がおかしいなと思っていたんですよ。『しんどいな。疲れかな?』みたいになって。それで次、フジテレビに向かって。レインボーブリッジ辺りで、体が熱々になって。これ、検温を逆に引っかからないとヤバいなと思って。テレビ局にあるんですよ、検温のカメラが置いてあって。サーモグラフィの自動のやつ。

粗品:入口にね。

せいや:あれで引っかからなくても、逆に自分から休まないとアカンってぐらい、体がちょっとおかしいなと思っていた。

粗品:なるほど、なるほど。

せいや:で、いざフジテレビの湾岸スタジオに入ったら、『ピピピピピ!』ってアラームが鳴って。真っ赤っか!

粗品:ね、あのサーモグラフィの画面。

せいや:マジでもう、真っ赤っか。

粗品:まあ、僕とかマネージャーは青なんです。平常やから。

せいや:真っ赤だから、『うわ!』ってなって。『ピピピピピ!』って鳴って、警備員さんが来て、『これ、機械がおかしいかもしれないですね。よくあるんですよ』って言って、体温計を持って『こっちでやってください』って。『体温計でやったらいけるのかな』と思って、体温計で計ったら、38度7分。

粗品:は~……。

せいや:僕は、平熱が35度台なんで、だいぶ高いんですよ。38度って。38度7分って出た瞬間、マネージャーが『え、え、え!?』ってなって。

粗品:パニック……。

せいや:『ヤバいヤバい』ってなって。警備員さんとかも、さっきは落ち着いてたけど、38度7分を見た瞬間に帽子を斜めに『え、え、え!?』って。

粗品:それは、してなかったやろ(笑)

せいや:ディズニーみたいに、『え、え、え!?』って。で、みんな焦って。ちょっと上の人を呼んできますってなって、ずっと『ピピピピピ!』ってアラームも鳴ってるんですよ。

粗品:そうやな。

せいや: ホンマにパニックになったんですよ。

粗品:『どうするねん、この後の仕事』ってな。

せいや:飛び込みで、今から俺らの大事な仕事があったから。大事な収録で、『先輩とか待たせてる、どうするどうする?』ってなって。俺も気持ちが段々しんどくなってきて。(体温計の)数字を見たら、『はぁ、はぁ、はぁ……』って。『ヤバいヤバい』ってなって。粗品さんは相方やから、『大丈夫か?』とか、『一回、座れや』とか言ってくれるんかなと思ったら……。

粗品:うん。

せいや:俺の“赤い”のをずっと見て、『あはははは!(笑)』って。『鬼やん、この赤さ!』って、めちゃくちゃ笑ってた、コイツ。

粗品:ははははは(笑)

せいや:『赤!』とか言って。お前、ホンマ……。やっと言えたわ、11日後に。しんどかったから、言われへんかったけど。

粗品:マジで鬼やったで、真っ赤っかやったもん。

その後、念のためにPCR検査を行ったというせいや。結果、陰性だったが、ご時世的に普通の風邪でも休まないといけない状況の為、しばらくの間、自宅待機をしていたと明かした。