元監督にセクハラで賠償命令

東京富士大の女子ソフト部

©一般社団法人共同通信社

 東京富士大(東京都新宿区)の女子ソフトボール部に所属していた女性が2016年、当時監督だった70代男性に抱きつかれるなどセクハラを受けたとして、男性と大学側に約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、行為の大半をセクハラと認定し男性らに計約79万円を支払うよう命じた。

 判決理由で野村武範裁判長は「絶対的立場にある監督と部員という関係性を利用した」と指摘。大学にも使用者責任があると判断した。一方、女性が発症した心的外傷後ストレス障害(PTSD)については、セクハラ以外にも原因があったとして、慰謝料は一部にとどまるとした。