辞意表明に与党「驚愕している」

二階幹事長「早期に後継選ぶ」

©一般社団法人共同通信社

記者会見する自民党の二階幹事長(手前)=28日午後6時9分、東京・永田町の党本部

 与党は28日、安倍晋三首相による突然の辞意表明に「驚愕している」(自民党の稲田朋美幹事長代行)と動揺が広がる一方、歴代最長政権の成果に評価の声が相次いだ。二階俊博幹事長は後継に関し「首相の実績を汚さず、やがて上回る人をできるだけ早期に選ぶ」と強調した。

 公明党の山口那津男代表は、首相から辞意を伝えられた際「これまで一緒に努力してきたことが続けられなくなり、非常に残念だ」と答えた、と記者団に説明した。

 自民党役員は緊急会合で、首相にそろって謝意を伝えた。二階氏は「健康が理由とはいえ、このような事態を招かざるを得なかったのは本当に残念だ」と記者団に述べた。