白石聖の主演ドラマ現場密着撮「真夏にあった怖い話」

©株式会社光文社

1970年代、列島を震え上がらせたホラー漫画『恐怖新聞』が、深夜ドラマで復活。ヒロインを演じる白石聖が、真夏の京都ロケで体験した恐怖を明かす。
「血しぶき浴びて……酸欠にも……」

しらいしせい
1998年8月10日生まれ 神奈川県出身 2016年、ドラマ『AKBラブナイト 恋工場』(テレビ朝日)で女優デビュー。2019年、「ゼクシィ」(リクルート)12代目CMガールに起用される。『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(2020年、読売テレビ・日本テレビ系)では怪演が話題となり、『恐怖新聞』で連ドラ初主演

写真・福田ヨシツグ

※『恐怖新聞』8月29日の23時40分から、東海テレビ・フジテレビ系でスタート