銀行口座を持っているだけでお金がかかる時代に?放置している口座や増えすぎた口座の見直し法

©株式会社マネーフォワード

みずほ銀行が2021年1月より、70歳未満の人が新しく口座を開設した際、通帳発行希望者に1冊あたり1100円の手数料を徴収するというニュース、見たた方もいるでしょう。

超低金利がつづくなか、銀行が収益構造を見直す一環として、今後このような手数料設定に追随する銀行が出てくる可能性があります。また、将来的には「口座維持手数料」がかかる銀行が出てくることも十分考えられます。つまり、「口座を持っているだけでお金がかかる時代」がすぐ近くまでやってきているのです。

そんな今こそ、持っている銀行口座の「てこ入れ」どき。

「口座は一つだけ」「昔持っている口座はあるけれど、何年も触っていない」という方は、これを機に、銀行口座を見直してみましょう。


銀行とのお付き合い密度により、手数料がかわる時代に?

今回、通帳を新規で発行する際に手数料がかかる話は、「WEB通帳に移行すること」の後押しにもなります。実際にさまざまな銀行でWEB化がすすめられていて、店舗やATMが減っていたり、「アプリのお知らせ」が郵送されたりと、WEB化を実感している方もいるかもしれません。

WEB化がすすめば、銀行側としてはコストが削減できるうえ、お知らせを即時に、個別に届けやすいメリットがあります。普通預金だけではなく、定期預金や住宅ローン、投資信託などの複数の取引を広げるといった、顧客とのお付き合いをさらに深めたい意図もあるでしょう。

以前、あるメガバンクでは「口座維持手数料を検討している」とニュースになりました。海外でも手数料を設定しているところは多いですし、日本でも近い将来に設定される可能性が高いと感じます。

ただし、一定期間に入出金がある、一定残高以上の資産がある、投資信託購入や住宅ローンなどのお付き合いがあるか、先ほどのように手数料がかかる紙の通帳をやめて、WEB通帳に切り替えることで、手数料がかからなくなる可能性もあります。

逆に、あまり取引がないか、取引があっても少額の場合、紙の通帳を使っている場合は、手数料がかかるようになるかもしれません。

今後使う予定がない銀行口座は、解約しておく

それゆえ、「残高は数千円くらい」「ここ数年以上使っていない」などの場合は、将来的に手数料がかかる可能性が高くなります。

まったく使わない口座をそのままにしていて、忘れているうちに口座維持手数料が導入され、残高から少しずつ引かれていた、なんてことにならないように要注意です。

例えば、以前アルバイトをしたときに、振込先として指定されて開いた口座はないでしょうか。学生時代に親が積み立ててくれた通帳をもらって、社会人になって実家を離れ、まったく手をつけていないものはないでしょうか。

「今後まったく使う予定がない」という口座があれば、解約してしまうのも手です。

でも、「今後使うかもしれない」「今すぐ解約するのは面倒」だと思う方は、自分が持っている銀行口座を忘れないようにメモをしておきましょう。ネットバンキングを利用して、家計管理アプリなどに紐づけておくのも手。一度紐づけてしまえば、デジタルで一覧化できるので、うっかり忘れることも防げます。

一つしか口座がない人は、複数の口座を持っておきたい

また、もし銀行口座を一つしか持っていないと、その銀行で「通帳発行で手数料がかかる」「口座維持手数料がかかる」ようになれば、影響を大きく受けることになります。

おすすめは、今のうちから複数の口座を持っておくこと。複数持っていれば、そのうち一つの銀行で手数料がかかるようになったときに、さまざまな選択肢から選ぶことができるからです。

手数料が設定された際、「手数料を払ってでも、その銀行が気にいっていて使い続けたい」のならそのままでOKですが、「手数料がかかるのはイヤだ」と思えば、他の銀行口座もあれば、そちらをすぐにメイン口座に切り替えることもできます。もし「資産がある一定以上あれば、手数料がかからない」という条件があれば、他の銀行から資産を移して、乗り切ることもできるでしょう。

口座開設までには一定の時間が必要ですので、今のうちからリスク分散も兼ねて、口座を複数持っておき、使い勝手などを確認しておけるといいですね。

リモートワークがすすめば、自分にとって便利な銀行がかわる

さらに、これまで「会社の休み時間にATMでお金をおろしていた」といった方も、リモートワークが進めば、自宅近くにあるATMを利用する機会が増えたりと、自分にとって便利な銀行はかわるでしょう。

自宅近くのコンビニATMや、よくいくショッピングセンターに入っているATMなど便利な場所にあり、入出金の手数料がかからない銀行口座に、メインバンクを移すというのも手。

また、ATMに行くのが不便な銀行口座なら、お金をおろしにくくなりますから、あえて貯蓄口座にする方法もありでしょう。

銀行も私たちの働き方も含めて、世の中のさまざまな状況が変わりつつある今。今後時代の流れにうまく乗っていくためにも、銀行口座を見直して、今後使わない口座は解約し、一つしか持っていない人は複数口座を持っておくなど、少し先を見すえて行動しておくことをおすすめします。