浅野のパルチザン監督が審判にガチキレ!「ボトル投げつけ、マイク破壊」がこれ

©株式会社コリー

浅野拓磨がプレーするセルビアの名門パルチザン。監督としてチームを率いているのは、パルマでもプレーした元セルビア代表FWサヴォ・ミロシェヴィッチだ。

そのミロシェヴィッチ監督が審判にブチ切れる姿が話題になっている。ヴォイヴォディナとのダービーマッチでの激怒爆発シーンがこちら。

動画を見たい場合はここをタップ!

ピッチ脇から審判に向かってペットボトルをブン投げる!さらに、ピッチ脇に置いてあった集音マイクを蹴り飛ばす!

【関連記事】美しすぎるサッカー界の美女審判8人

パルチザンがカウンターでゴールに迫った場面で主審がファウルをとらなかったことに激昂していたようだ。

この行為によってミロシェヴィッチ監督はレッドカードを提示されており、この後処分を下される可能性がある。

現地メディアによれば、ピッチを去る際に「もう黙らないからな!」と口走っていたという。パルチザンは終了間際に2点を奪われ、3-2で痛恨の逆転負けを喫している。