グランプリの賞金は100万円、「エプソンフォトグランプリ2020」開幕

©株式会社マイナビ

エプソン販売は8月28日、フォトコンテスト「エプソンフォトグランプリ2020」を開催すると発表した。インクジェットプリンターで出力した写真に限定したフォトコンテストで、グランプリの賞金は100万円。作品の募集開始は8月28日からで、締め切りは2020年11月16日まで。

エプソンフォトグランプリは、2006年からスタートしたフォトコンテスト。インクジェットプリントによる写真作品づくりを楽しんでもらうことを目的に、毎年開催されている。応募は、インクジェットプリンターで出力した写真に限られる(プリンターのメーカーや機種は問わない)。

15回目となる今年の募集部門は、「ネイチャー部門」「ヒューマンライフ部門」「モノクロ作品部門」「学生部門」の計4部門。この中からグランプリ1作品を選出し、賞金100万円を贈呈する。

今年は入賞者総数が77名(昨年は46名)に増加。入賞するチャンスも大きい。審査員は、写真家の田沼武能氏と三好和義氏が担当し、2021年3月に審査結果を発表の予定。各部門のテーマと賞金は以下の通り。

ネイチャー部門

自然風景、動植物、昆虫などをテーマとしてプリントした写真作品。サイズは六切・A4以上。

  • 優秀賞 1名: 300,000円
  • 審査員賞 4名: 50,000円
  • 入選 10名: 5,000円
  • 佳作 10名: 表彰状

ヒューマンライフ部門

人物スナップ、都市景観、暮らし、ドキュメンタリーなど、人々の生活をテーマにプリントした写真作品。サイズは六切・A4以上。

  • 優秀賞 1名: 300,000円
  • 審査員賞 4名: 50,000円
  • 入選 10名: 5,000円
  • 佳作 10名: 表彰状

モノクロ作品部門

モノクロで表現されたインクジェットプリント作品。プリントデータは、フィルムをスキャンしたものも可。サイズは六切・A4以上。

  • 優秀賞 1名: 300,000円
  • 審査員賞 4名: 50,000円
  • 入選 10名: 5,000円

学生部門

応募時点で、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校に在籍する学生限定。ジャンルは自然、風景、動植物、人間、暮らしなど、自由なテーマでプリントされた写真作品。サイズはL判以上。

  • 優秀賞(個人制作) 1名: SC-PX1V
  • 優秀賞(グループ制作) 1グループ: SC-PX1V
  • 審査員賞 4名: EP-10VA 各1台
  • 入選 5名: EP-30VA 各1台