ドイツの新型ウイルス対策抗議デモ、国会議事堂狙った動きに非難

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

ドイツ・ベルリンで29日に開かれた、政府の新型コロナウイルス対策に抗議する大規模デモで、一部が国会議事堂になだれ込もうとしたことに対し、各党の政治家から批判の声が噴出している。

抗議デモは約3万8000人が参加。おおむね穏やかに進行した。

国会議事堂前では、ドイツ帝国時代の国旗を手にした極右支持者らが警官隊の警戒線を突破し、階段を駆け上がった。その後、警官隊が退散させた。

この間、デモ参加者と警官隊の間で小競り合いが発生し、警官隊は催涙スプレーを使用。数人を逮捕した。

ホルスト・ゼーホーファー内相は、こうした行動は「容赦の余地はない」と述べた。

警察は、この行動には数百人が関わったとしている。配置されていた警官隊が小規模だったとの批判には、「常時すべての場所にいられる」わけではないと反論した。


どんな反応が出ている?

ゼーホーファー内相は、「国会議事堂は議会が開かれる場所であり、私たちの民主主義を象徴する中心的な存在だ。厄介者と過激主義者が自分たちのために不正使用するのは許されない」と述べた。

フランク=ワルター・シュタインマイヤー大統領も、「私たちの民主主義の核心に対する許されない攻撃だ」と非難。

「コロナウイルス対策に怒っている人や、必要性を疑っている人は、堂々と抗議していい。だが、民主主義の敵や政治的な民衆扇動家らに抗議行動者が同調するのは認められない」と述べた。


社会民主党のオラフ・ショルツ副首相らは、極右やドイツ帝国のシンボルが使用されたことを批判した。

29日の主要デモを組織したテクノロジー起業家ミヒャエル・バルウェグ氏は、問題となった参加者らは彼の運動とは無関係だと述べた。

デモではどんなことが?

この日の抗議行動は当初禁止されていたが、裁判所は新型ウイルス対策のマスク着用や社会的距離の確保などを順守することを条件に許可を出した。

逮捕者はさまざまな場所で計約300人に上った。ブランデンブルク門前では、石や瓶を投げた右派扇動家ら約200人が逮捕された。

警察は抗議デモがしばらく続いた後、新型ウイルス対策の規則が守られていないとして、解散を命じた。

参加者らはあちこちで密集し、地面に固まって座る場面も見られた。


逮捕者には、料理本の著者で陰謀論者のアッティラ・ヒルドマン氏も含まれている。同氏は拡声器を使って演説をしていた。

ドイツではこれまで、ヨーロッパの他所でみられるような新型ウイルスの増加の波は確認されていない。ただ、このところ感染率は上昇しており、新規感染者数は4月以来の多さとなっている。

誰が組織した?

戦勝記念塔の西側で開かれたデモは、シュツットガルトを基盤とした運動団体Querdenken 711(水平思考711)が主催した。同団体はフェイスブックで1万6000人以上の支持者がおり、暗号メッセージサービスを利用して連絡を取ることが多い。

同団体は、新型ウイルス関連の規制について、ドイツ憲法が規定する基本的権利や自由を侵害するもので、解除すべきだと主張している。

今回の抗議行動には、反ワクチン運動を展開しているロバート・F・ケネディ・ジュニア氏も加わった。同氏は、米民主党の大統領候補に有力視され暗殺されたロバート・F・ケネディ氏の息子で、同じく暗殺されたジョン・F・ケネディ米大統領のおい。

オンラインに投稿されたデモの写真には、陰謀論キューアノン(QAnon)に関係した旗やスローガンが写っている。この陰謀論の主張には、ドナルド・トランプ米大統領が政府や企業、メディア内の悪魔を崇拝するエリート小児性加害者らにひそかに闘いを仕掛けているというものもある。


デモ参加者には親子連れや、ただ抗議したいと思った人の姿もあった。

この日のデモに対抗するデモも開かれ、集会の1つには約100人が参加した。ドイツの放送局RBBは、参加者の一部が、「あなたたちはナチスやファシストと行進している」と大声を上げていたと伝えた。

ドイツの新型ウイルス対策

ドイツの新型ウイルス対策は、特に70歳以上の死亡率を低く抑えている点で、効果が高いと評価されている。

4月上旬には、物理的距離を取る措置を緩和。ただ、感染者の追跡を続けている。今月になり、新規感染者の増加が見られている。

アンゲラ・メルケル首相と16州の当局は27日、マスクが義務化されている場所で着用を怠った場合に50ユーロ(約6300円)の罰金を科す制度を導入。大規模イベントの開催禁止は、年末まで継続された。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計(日本時間31日午前時点)によると、ドイツでは新型ウイルスの感染者が累計約24万3000人確認されている。ヨーロッパの主要国の中では最も少ない。死者は約9300人で、ロシア、イギリス、スペイン、フランス、イタリアの各国と比較してかなり少ない。


新型コロナウイルス特集

感染対策

  • 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと
  • 予防方法: 正しい手の洗い方
  • なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる
  • 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離
  • 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは
  • 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る?

在宅勤務・隔離生活

  • 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは?
  • 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと
  • 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は

(英語記事 Anger after attempt to storm German parliament