来年3月開催困難なら秋検討

東京マラソン、10月に判断

©一般社団法人共同通信社

 来年3月7日に開催予定の東京マラソンが新型コロナウイルスの影響で実施困難となった場合、主催者が来年秋の開催を検討していることが31日、関係者への取材で分かった。今後の状況をみて、10月をめどに決める方針。

 東京マラソン財団は「エリートのみの開催は考えていない」との認識を示しており、一般ランナーも参加する形での実施を検討している。

 今年3月の大会は招待選手らエリートランナーのみで争われ、参加できなかった一般ランナーの出走権は2021年大会、22年大会に移行された。