堂本剛、SMAPの楽曲を絶賛 熱弁振るう「みんなの歌声が好き」

©株式会社ドットレンド

KinKi Kidsの堂本剛が8月24日放送のラジオ『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)に出演。SMAPについて熱弁する場面があった。

この日の放送では、リスナーからのメールをきっかけに、ジャニーズの楽曲についてトーク。KinKi Kidsのデビュー曲『硝子の少年』や、自身のソロ活動、近藤真彦の楽曲などについて話す中で、SMAPの話にも及んだ。

堂本は「SMAP兄さんの楽曲っていうのは、僕基本どれも好きです」ときっぱり。続けて「ジャニーズっていう歴史の中で、SMAPという音楽がやっぱりありますね。文化というかカルチャーというかね」と説明し、SMAPの楽曲は、時代に合っているということが多いと感じると語った。その時代に聴いたときに、呼吸のひとつとして溶け込んでいくようなナチュラル感もあるといい「そこにかっこよさがめちゃくちゃある」と熱弁した。

さらに、SMAPとセッションしているミュージシャン達も、すごいミュージシャンが多いと話し「シンプルにそこもすごいです」とコメント。「とにかくサウンドがかっこいい。歌詞もいい。みんなの歌声が好き」も大絶賛し「そういうシンプルな理由が多いです。好きな理由がやっぱり多い」と語った。

また、堂本は、それはすごく大事なことだといい「どういう意味で大事かというと、簡単には作れない。好きな理由が多い、っていうことを、簡単に作るのは難しい」と持論を展開。しかし、それを簡単に作っているのがSMAPの音楽だとしみじみ敬意を表した。